セルライトをつぶす方法について教えてほしい。 というご要望にお答えします。では、まず

セルライトをつぶす方法を探しているあなたにおききしましょう。以下のA,Bどちらかのタイプにあてはまる場合だけ、ココから先をお読みください。

■ タイプA: 冷え性である。
(手の平や額など、部分的に汗をよくかくが、足やお尻、お腹などは冷たいようだ、といったことも含みます)

■ タイプB: 冷え性ではないが、足やお尻が太い。
この場合は右にお進みください。 → 足やお尻の太さが気になる場合はコチラ


以下はタイプA(冷え性)の方のみが対象です。

セルライトをつぶすために、以下の3つのステップに重点をおくのがカギになります。

1. セルライトを皮膚の上から押しつぶす。

セルライトは一度で全てをつぶすことは考えず、毎日根気よく、少しずつこの作業を続けることでセルライトをつぶすのが効果的。一度で終わらせようというほど強い力でつぶしにかかると、血管があちらこちら切れてしまいます。

そしてひとまずセルライトをつぶしたら、その先こそが重要になります。


2. 体が温い状態に常時維持する

セルライトの少ない体の特徴を知っていますか? それは体が温かいこと。冬でもかなり薄着で過ごせたりしますよ。

体が温かいということは、血液循環がかなり良いということで、血液のスムースな流れに乗った余分な脂肪分は、さっさとあなたの体の中を流れ去っていきます。

ところが、冷え性の体というのは、血液の流れが悪い。なので、余分な脂肪が流れにくくて、仮にセルライトをつぶしても、体のどこかにまたタマっていきやすいのです。

体を温める簡単な方法は、お風呂、足湯、靴下などがあります。でも、これらの方法は、あくまでも一時的に過ぎません。体の芯から十分に暖まることはとてもできないのです。

そうです。セルライトを追い出すためには、あなたの体の芯から、ポッポッとたえずアツイ熱が作り出され続けなければならないのです。お風呂や足湯の助けなど必要ないほどに。そのような体こそがセルライト知らずの体なのです。

あなたが寝転がってテレビを見ている間、眠っている間も、熱を自分で継続的に作り続けられる温かい体、反対に、なかなか温まることができない冷たい体。この2つは食べ物で決まります。

たとえば、コーヒーなどのカフェイン飲料、お菓子やケーキばかり食べていると、冷えやすくセルライトを作りやすい体になってしまうのです。あくまでも「ばかり」というのが危ないのですね。


 食べても太らないシリーズ 

  • 食べてやせる、5つの大きな理由 
  • 過食症を治す:過食が過食を生む
  • 太らない食べ物・食べ方
  • ギャル曽根、痩せの大食いの謎
  • 褐色脂肪細胞を増やす:これが多いと痩せる
  • むくみの原因を退治し、代謝アップ!